私は見せかけの数を増やす戦略は好みません。例えば、資料請求が減ってきたら、数を集められる媒体に飛びつくなどのことを意味します。経験上、こういう学校は失敗します。その点について今回はお伝えしたいと思います。

数に走るのは問題点から目を背けているだけです

とにかく資料請求の数を増やそうという考えは、学校そのものの問題を見ずに、全ての問題を母数の責任にしているためとも言えます。本来、学校が好ましい状況でないから資料請求が減っているわけで、母数を増やせば入学生も増えるはずという考えは一時的にはうまくいくかもしれませんが、少子化を見据えた戦略とは言い難いわけです。いわゆる超がつくくらいの短期的な戦略に他なりません。

例えるならば大出血している患者に絆創膏をはるようなものです。元を治さないといけないのに表面的な部分だけで対処しているというわけです。こういう対処がいずれどういう結果を招くかなどは言うまでもないでしょう。おそらく急激な学生数減少に耐えきれなくなってくるはずです。

さて、こんな事を書きますと、不安を煽っているのでは?と思われるかもしれません。しかし、これは現実ですし、多くの学校で起こっている事です。

イベント参加者の減少と出願数も同じ事です

イベント参加者が少ないと、教員からはイベントの動員が悪いから出願数が少ないと言われる事もよくあります。これも基本は同じです。イベントが悪いから出願しないという立場に立たないと根本的に学校は変われません。この言い分を言いかえれば、「人を集められれば本当に出願者に繋げられるのですね?」という話になるわけです。実際にはそんなに話はうまくはいきません。

イベント参加者が少ないのは事実であり、それが増えるのを待つだけではまずいのです。増えるまでにできる事をしなくてはいけないのです。イベント内容の見直しもそれに含まれるわけです。当然、イベントに関わる全ての人の意識改革も必要です。教員は当然の事、学生スタッフ、事務職員、 当日担当ではない方も含めてです。

今回の事例は良くある話です

さて、今回の話ですが実際には「学校あるある」と言ってもよいくらい良くある話だと思っています。資料請求数を増やせ!という指示がおりてくれば、担当者としては何とか増やさないといけません。そのため、効果のあるなし関係なく、対象者層にリーチしそうな媒体にとりあえず予算を投下するわけです。

しかし、実際には見た目の数は増えてもそれほどイベント参加者も増えず、出願にもつながらないわけです。なぜなら、そんなに「おいしい」媒体なら今までやっていないわけがないわけです。

今後の少子化も見据えて考える必要があるわけですが、目の前の募集だけでなく、今後数年にわたって効果を出すためにはどうするか?という視点でなくてはいけません。

イベントに人が集まらない、資料請求数が激減しているのは、学校そのものにそうさせる魅力がないからに他なりません。イベントに興味は持てない、資料も別に欲しくない・・・と言っているわけです。

つまり、見直すべきは媒体云々以前に学校なのです。

学校によって改善するべき点は様々でしょう。どこを変えればどう変わるかは問題の大きさや学校のセールスポイントにもよりますが、少なくとも数だけに依存する戦略では効果はたかが知れている事だけは忘れないで下さい。

Facebookページに「いいね!」で最新ニュースをゲットしょう!

 

会員プランのご案内

 

学生募集の羅針盤スペシャルテキストプレゼント