単発の高校訪問にほとんど意味がない理由

今回は学生募集が厳しくなった学校が共通して考える高校訪問について書きたいと思います。出願数が減少すると「何とかしなければ!」という事で真っ先に思いつくのが高校の先生に対して生徒を紹介してほしいという気持ちです。しかし、その想いはたいていの場合空回りに終わってしまうものです。

思いつきの高校訪問に意味があるわけがない

見出しでいきなり厳しい事を書かせて頂きましたが、実際のところ思いつきの高校訪問に意味があるわけがありません。もちろん0(ゼロ)とまではいかないものの、その訪問に意味を持たせる事ができるかどうかはその訪問後にどうするかにかかってきます。

学生が集まっていない学校というのは往々にして忍耐力がありません。それも状況を考えれば理解ができない事はありませんが、すぐに結果が見えないものについてはダメ出しをするのもはやく結果として他の募集戦略を検討してしまいがちです。つまり、高校訪問をやっても単発で終わる事が多く、それ以降は続けない(続ける気がない)事も多いのです。そんな訪問であれば最初からやる必要はありません。厳しく書いておきますが、それなら行かない方がマシとさえ言えるためです。

理由は簡単で、今まで来てもいなかった学校が訪問してくるというのは「学校が危ない」からに他ならない事は高校の先生ならすぐにわかります。そういう学校は高校訪問をそもそも理解していませんので、とにかく生徒を紹介してほしい「オーラ」がプンプンと漂っているのです。高校の先生の立場になればわかると思いますが、今まで何の関係も構築できていない学校に生徒を紹介するわけもないのです。そもそも「経営が危ない」学校かもしれないわけですから、そんなリスクも冒せないわけです。

高校訪問未経験者はたいていうまく行かない

前述のような事を書きますと、では今から高校訪問に誰が行っても意味はないのか?と考える方もいるでしょう。もちろんそんな事はありません。意味がある場合もあります。それは高校訪問経験者であり、高校訪問がどういうものかを理解している方であれば可能性が出てきます。

しかし、全員で一斉に高校訪問だ!とばかりにローラー作戦をやるとすると、高校訪問未経験の教員なども引っ張り出されますので失敗に終わりやすくなるのです。基本的に教員は高校訪問にはあまり向いていません。いや、正確には入試や事務手続きについてきちんと勉強している教員であれば構いませんが、そうでないのであれば行くのは避けるべきでしょう。高校の先生は入試や奨学金などについても質問してきますので、それらに対して回答できる自信がないのであれば避けるべきという事です。「私は担当ではないので帰ってから折り返しご連絡いたします」ばかりの回答になれば何のために来たのか?とさえ思われるはずです。つまり行くことでマイナスになるというパターンです。

高校訪問というのは当然ながら学校の事を知ってもらうのも一つの目的としてあるわけです。しかし、訪問者が詳細を知らないのであれば(特に入試関係)、先生に対して失礼になってしまいますので気をつけなくてはいけません。

単発で高校訪問代行業者に頼むのはどうか?

高校訪問の選択肢として代行業者というのがあります。営業のプロであるわけですが、これも当たりはずれがあります。わかりやすい判断目安としては「明日から行ける!」系は全部NGです。皆さん自身が学校について理解するのに1日で自信を持てなかったはずですので、学校を知らない方が明日から訪問できると言うのはよほどの天才でなくては無理でしょう。

「明日から行ける!」という会社は「明日から資料だけなら置いてこれます!」と言ってるだけですので、そんなものは訪問ではありません。それなら郵送で送れば良いだけです。人が持っていくからプラスに働くなどと甘く考えてはいけません。

きちんとしている代行業者は学校を理解する期間を必ず設けます。質問もいろいろとしてくるでしょう。場合によってはイベントなども見学してくれる所もあると思います。そのように学校を理解してこそ高校訪問に行けるのです。

高校訪問をするなら先生の立場に立って考える事

高校訪問がうまく行くかどうかは先生の立場に立って考えられるかどうかで変わってきます。いきなり訪問してくる学校はリスクがあると考えられるわけですので、それを払拭しなくてはいけません。

そして1回だけの訪問だけで紹介してくれ!などと無謀な事を言われて「はい、わかりました」などと言うわけもありません。いや、言葉だけは言ったとしても協力はしてくれないでしょう。

私自身いろいろな教育機関で働きましたが、予備校勤務時代に訪問したある高校ではがっつりと競合他社が食い込んでいました。そのためそれまでの担当者の営業実績は0でした。たいていは諦めてしまう中で私は地道に訪問を続け、高校の先生に役立つ情報なども持参し続けました。訪問は毎月1回、きちんとアポを取って行きましたが、数か月が経過した時に先生が希望者のみで良ければという事で模試の取りまとめをしてくれました。何年も実績0の高校でもきちんと誠意を見せれば応えてくれるという事例です。

1回だけの高校訪問で先生から協力を得るのは意識的にも簡単な事ではありません。何の恩義もない学校に紹介する理由がそもそもないためです。だからこそきちんと高校訪問というものを理解している方が継続して訪問する必要があります。

募集の対策として高校訪問を行うのであればこの点だけは忘れないようにして下さい。

無料で学校コンサルタントを試せます!(毎月3校限定)

学生募集のプロによるメールコンサルティングを最大3回無料で体験可能!
もちろん体験終了後のしつこい営業は一切ありません!
メールコンサルティングでも学生募集が変わる事を実感できるでしょう。