当方へお問い合わせ頂く際のお願いをさせて頂きます。

メールアドレスは再度ご確認下さい

ここ最近、お問い合わせされる方の登録内容が間違えている事が複数回出ております。

最も多いものがメールアドレスの入力間違いです。こちらのメールアドレスが間違えている場合、お問合せ完了後の自動返信メールが届かない事になります。

加えまして当方へお知らせ頂いているメールアドレスが間違えているわけですので当方からの返信もできない事になります。

せっかく学校改善にやる気になった状況にてこういうチェック漏れがございますと、せっかくのモチベーションも下がる可能性があり将来的な機会損失になると考えています。

普段入れ慣れているとはいえ、メールアドレスを毎回手入力されている場合には毎回間違える可能性があるという事になります。私自身はメールアドレスは辞書登録をし間違えないようにしています。強制はできませんが、広報担当者は正確性が極めて重要な立場です。その事を踏まえまして、辞書登録されるなどを強くお勧め致します。

メールアドレスが間違えている場合には当方からのご返信が出来ません。通常は当日以内にほぼ99%返信をしています。そのため、問合せをしたが当方から返信が来ない場合にはもう一度上記内容をご確認の上、お問い合わせを頂ければと思います(自動返信メールが届いていれば当方に届いている可能性は高いです)。

無料会員プランのお申込みにつきまして

無料会員プランの申込みにつきましては「無料会員プランのご案内」の申込み部分にも赤字で書いておりますが「可能な限り、お申込みの際にWebサイト上で悩んでいる点などをご記入下さい。定期巡回のする上での参考にさせて頂きます。」という事をお願いしております。

これは最大3回という限られた回数ながらも、出来る限り有用なアドバイスをさせて頂くためにお願いしている事です。何も書かれないでももちろんアドバイスはできますが、ご担当者の方が優先して知りたい情報ではない可能性が高くなるわけです。

また知りたい事のみを書かれる方もおりますが、現在の問題点(と意識している点)を書いて頂く事でより有用なアドバイスが可能です。知りたい事を書かれましても、本来効果を出すために最初に意識するべきはそこではないという事もよくありますし、たいていの場合、無料会員プランの中で回答できる範囲を超えている事がほとんどです(有料プランでも1、2回で回答できるレベルではないものです)。そのため、現状の問題点を書いて頂きたいと考えております。

なお、当方では一部の問合せや申込は一つのフォームを利用しております。その関係上、お申込みされるご担当者様の中では「目的」が決まっている事であっても、その記述内容によりましては「何を目的とされているか」が当方には分からない場合があります。

そのため、出来ましたら無料会員プランの申込みであれば「無料会員申込み希望」等、その旨を明示して頂ければと思います。当方では多数のサービスを行っています関係上その辺の判断がつかない事もあります。

以上、ご協力よろしくお願いいたします。