少子化時代になり、多くの学校は学校存続のための大改革が求められています。このまま経営状況が悪化するのを待つか、あるいは行動に移すかで結果は大きく変わってきます。

学校の知名度が不足

学校の知名度が不足

学校名を知られてないから募集が厳しい 少子化時代には自分の実力以上の学校へ合格する事も珍しくない状況です。そのような状況の場合、有名な学校に出願者は集まり、知名度が低い学校はなか...

詳しくはこちら

イベントに集客できない

イベントに集客できない

イベントをやっても参加者が少ない 学校にとって入学対象者向けのイベントというものは欠かせないものです。既に募集イベントがエンターテイメントの域に達している学校などもあるくらいです...

詳しくはこちら

資料請求が少ない

資料請求が少ない

資料請求数が毎年減少している 少子化時代の現在、多くの学校で資料請求数が減少していてもおかしくありません。入学者数は資料請求数が少ないとその分減少するのが普通ですので、資料請求者...

詳しくはこちら

教職員のやる気がない

教職員のやる気がない

教職員のモチベーションが低すぎる 学校が末期症状になると「教職員のやる気のなさ」は顕著になってきます。 教職員がやる気をなくす理由にはいろいろあります。例えば、 ...

詳しくはこちら

年間募集スケジュールが悪い

年間スケジュール

年間募集スケジュールが時代の変化にともなっていない 大学などによくある問題点がこの年間募集スケジュールの問題です。どういうものが多いかと言いますと、何と言ってもメインパンフレット...

詳しくはこちら

教員と広報の関係が悪い

教員と広報の関係が悪い

教員と広報の関係が悪くて改善アクションができない ほとんどの学校では教員と広報(事務方)というのは分かれています。中小規模の専門学校などの場合には兼任という事もあるでしょうが、た...

詳しくはこちら

2018年問題を生き残れますか?

2018年問題

2018年問題-18歳人口大幅減少から始まる学校倒産時代 2009年以降の18歳人口は2017年まで横ばいの状態で安定していますが、2018年以降は減少傾向が進む事が予測され、教...

詳しくはこちら

学校が変われない理由

学校が変われない理由

学校には変われない理由があるため生き残りが難しい 多くの学校が少子化時代の学生募集に苦慮し困難を極めています。しかし、そんな状況に至っても学校というところは様々な理由で変われずに...

詳しくはこちら

無料会員プラン受付中です(毎月3校限定)

学生募集のプロによるメールコンサルティングを最大3回無料で体験可能です。
メールコンサルティングでも学校が変わる事を実感できるでしょう。
体験終了後のしつこい営業は一切ありませんのでお気軽にお申込み下さい。