学生募集に有効なノウハウとテクニックをご紹介

MENU

学校が変われない理由

学校には変われない理由があるため生き残りが難しい

多くの学校が少子化時代の学生募集に苦慮し困難を極めています。しかし、そんな状況に至っても学校というところは様々な理由で変われずに事態を益々悪くしていきます。その理由についていくつか紹介したいと思います。

学生が集まっていない事を隠さざるを得ない

生き残れない理由の一つとして現状を隠さざるを得ない状況があります。特に廃校という事がどの学校にも現実として起こりうる今、学生が集まっていない事を対象者(及びその保護者)に知られる事はさらに状況を悪化させる事となります。そのため、学生が集まっていた時のようにふるまわざるを得ないという事です。しかも、第三者には知られてはいけないという意識が強いため、学校コンサルタントなどにも依頼をする事が出来ないのです。よくあるケースとしては、もうどうにもできない状況になって初めてコンサルタントなど外部の方へ立て直しを依頼するパターンです。予算がまだある内なら何とかなるものの、たいていの場合、手遅れの状況になっています。何よりも困るのは働いている教職員のモチベーションが下がりすぎており、全てにおいて否定的な考え(もうこの学校はダメだ等)に取りつかれていて、意識改革にも時間を要する事になります。実際にはその段階では意識改革などは不可能に近いと言えるでしょう。

当方へ来る相談でも「なぜそこまで放っておいたのか」とあきれるようなものもあります。

教員と事務(広報)サイドの意識共有が全くされてない

これもよくあるケースです。教員は授業の事だけを意識しており、事務方である広報は募集を意識しています。そもそも向いている方向が異なるため意見のぶつかり合いが起きる以前に意見の交換さえもできない状況です。学生募集においては双方が同じ方向を向いて良い学校を目指し、募集戦略を実施していく事が望まれるため、意識共有がされてない(及び仲が悪い等)場合にはもう絶望的と言えます。この点だけは何とかすぐにでも修正しなくてはいけないと言えるでしょう。

危機意識の低さ

学校は一般企業よりも危機意識が低い方が圧倒的に多いというのが正直な感想です。私のいた所もそうですが、「学校がつぶれる」という事を想像できないため経営的観点から状況を把握できる方がとても少ないのが理由です。学校も一般企業と同じく収入がなければ成り立たないわけです。また、学校という特殊な職場でもあるため、特に教員については「他の学校でも働ける」という認識の方が多いのもこの危機意識を低くしている理由の一つでしょう。一般企業にあるようなノルマなどが存在しない事もあり、募集に対してもそれほど真剣になれない方が多いのも事実です。

教職員ごとの質の根本的な違い

教職員全体がモチベーションが高い学校というのはそうそうないわけですが、学生募集に苦労している学校の場合にはたいてい教職員の中での温度差が物凄く大きいのも事実です。厳しい言い方ですが、やる気のない職員は学生募集の邪魔となります。学校の場合、入学を決めるまでにその対象者が出会う学校関係者はとても多くいます。小売とは異なり、学費だけで決めるものではなく、いろいろな場面で出会う全ての人がその評価の対象となるわけです。しかし、この例のようにモチベーションの低い方もいるため、そのような方との出会いで「入学しない」という選択肢にたどり着いてしまうかもしれないのです。

管理職の力が強すぎる

管理職の力が強すぎる場合良い事もあります。その方に人望やカリスマ性などがある場合には力が強くてもまわりの方はついていきます。しかし、そうではないにも関わらず権力だけを持っている場合にはとても厄介です。そういう方の場合、人の意見を聞かない事も多く、結果として自分の意見だけが全てになってしまいがちです。そして、いつの間にか周囲の人間はその管理職が喜びそうな案しか提案しなくなってきます。いわば、その方の許容の範疇での提案になってくるというわけです。これに拍車をかけるのが、その管理職が経営者の同族であるケースです。さらに誰も逆らえない(意見を言えない)状況と言え、学校が変われない理由の大きな問題となるでしょう。

第三者の意見を聞きたくない

そもそも学校で働く方というのは学校マンとしてのプライドが高く第三者に意見を求める事を嫌う傾向にあります。特に広報担当者などは自分の能力の欠如を指摘されるような気になり、第三者の意見を聞く事に抵抗を持っています。これも面白いもので第三者を入れるまでは頑ななものの、実際に第三者の協力が決まると一緒にアイデアを出し合うパートナーとして認識するようになります。要はその最初の大きな垣根を崩す事が出来れば第三者を敵と考えずに味方と意識する事が出来るでしょう。また広報担当者が本当は言いたい事ややりたい事で遠慮していた事があっても、第三者はそれまでの人間関係などおかまいなしにアイデアを出しますのである意味やりやすくなるとも言えます。

他にも学校にはいろいろな変われない理由があるため生き残りを難しくしたり、行動への第一歩がなかなか踏み出せないわけです。

既にこのサイトをご覧になっているという事は間違いなく学校の危機だと思います。また、ほとんどの学校が危機になっているわけで、貴校だけの問題ではないのです。躊躇わずに変わるための第一歩を進める事をお勧めします。

無料からある会員プランを是非ご検討下さい。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

サービス紹介動画

ASUBOセミナーのご案内

ASUBOセミナー

無料テキストダウンロード

学生募集の羅針盤スペシャルテキスト無料ダウンロード

学生募集の羅針盤ニュース

会員プランのご案内
PAGETOP
Copyright © 学生募集の羅針盤 All Rights Reserved.