一般企業向けコンサルティングのご案内

一般企業向けコンサルティングのご案内をさせて頂きます。当方はメインとして教育機関向けのコンサルティングをしておりますが、一般企業に向いていないわけではありません。それどころかほぼ業種を選ばずに対応できるのが当方のメールコンサルティングです。

コンサルティングにおける考え方

最初に私のコンサルティングの考え方をご紹介しますと極めてシンプルです。

「弱みを目立たなくし、強みを目立たせる」

これはどういう事かと言いますと、多くの企業が売上を上げるために「攻め」の戦略を取るわけですが、本当の意味で結果を出すには弱みを目立たなくする、いわゆる「守り」の戦略も必須なのです。通常、人は何かを買う時に「買わない理由」と「買う理由」を天秤にかけます。その結果、買う理由が優れば購入するわけですが買わない理由が目立つ場合には買うという選択を取りにくくなります。つまり、結果を出すためにはそのネガティブ要因を排除すべく守りも固める必要があるのです。

ベターな選択肢をご提案上記の戦略を行動に移す際には、顧客対象者の心(心理)を読む事により今よりもベターな選択肢をご提案するようにしています。この小さなベターの選択が将来的に積み重なる事で大きな結果や成果を生み出す事になります。対象者の心を読む事は一見それほど難しくないように感じると思いますが、いざ当事者になるとどうしても会社の事情を主体にして考えてしまうものなのです。

企業の営業戦略において不足しているこの部分もカバーするのが私のコンサルタントとしての基本的な考え方です。また難しい専門用語は極力排除し、誰にでも伝わる平易な言葉で問題点や改善点を伝えるように意識しています。立ち位置としては軍師のような存在でありたいと考えています。

メールコンサルティングで想像以上の効果を実感!

低コストで実践的なコンサルティング当方のコンサルティングはクライアントのWebサイトを元にして改善アドバイスをメールにて行うものです。メールコンサルティングと言うと実際の訪問コンサルティングに比べて効果が薄い印象を持たれるかもしれませんが、実際に経験されるとその効果の高さやスピード感に驚く方は多いものです。その証拠として当方とご契約をされたクライアントの半数以上が、毎月解約可能であるにも関わらず5年以上契約を続けています。

メールコンサルティングではWebサイトを元にしたアドバイスをメインとして行いますがこれには理由があります。今の時代、顧客となる方はWebサイト経由で入る方が多くなっており、Webサイトにはほぼ全ての情報が網羅されていなくてはいけません。分かりやすく言えばWebサイトである程度の説得ができなければ売り上げにつながらないのです。言い換えればWebサイトが悪ければ自ずと売上に大きく響く事になります。そのため、Webサイトを中心にテコ入れをする事で売上に貢献する事になるのです。

当メールコンサルティングのメリット

メールコンサルティングには当然メリットとデメリットが存在します。それを隠すつもりはありませんので、今までの実績から見たメリットとデメリットを下記にご紹介させて頂きます。

  • コストが訪問コンサルに比べて格段に安い
  • Webサイトを元にしてきめ細かいアドバイスするため驚くほど広範囲の改善が可能
  • 1回に届くアドバイス量が適度なため、改善アクションが取りやすい
  • 成果が出やすいもの、成果に直結するものを優先するため効果が出るのがはやい
  • 365日対応のためレスポンスがとにかくはやい
  • 会社内の人間関係を意識しないため遠慮のない本当のアドバイスが受けられる
  • メールコンサルだからこそできる無料お試し(無料会員プラン
  • 低コストで広報のプロのアドバイスを聞く事ができ、長い契約の縛りがないので安心

当メールコンサルティングのデメリット

  • 会社を訪問しないため、時として現実にそぐわないアドバイスも届く可能性はある
  • 複数年のご契約となっても私と一度も会わない事は普通である(電話やテレビ電話も同様)
  • 単純に訪問コンサルではないので不安
  • 個人事業主のためいつ病気などになるか不安(13年目時点で病気でお休みした事はありませんし、万が一そうなっても半端な状態になる事はサービスの特性上ありません)
  • 改善アクションを放置しておくと、次々と新しいアドバイスが届き手が回らなくなる(ご契約内容によりアドバイス頻度は変わります)
  • メールでも厳しい指摘を受ける事がある(コンサルタントですので…)
  • やる気を感じられないクライアントはこちらから解約する事も普通にあります

安くコンサルティングサービスを提供する理由

コンサルタント会社と契約した事がある方ならばわかると思いますが、当方のコンサルティング料金は極めて安価です。となると「質が悪い」や「手抜き」なのでは?と思われる節があります。しかし、それは全くの誤解でありそれどころか大手コンサル会社のコンサル経験を受けた方から「数倍内容が良い」という評価を頂いています。それにも関わらず安価でサポートをしている理由をお伝えさせて頂きます。

  1. 予算が豊富な企業のお手伝いにそもそも興味を感じない(切羽詰まってないので本気にならない人が多い)
  2. 経営は厳しくても顧客にとって有益な企業は残したい
  3. 本気で何とかしたい方に出会いたい(担当者にやる気がない所はこちらから解約します)
  4. 報酬よりもやりがいを重視している

上記が当方が安くサービスを提供する理由です。但し訪問コンサルという一般的な形をとるとどうしても時間を取るため、メールコンサルティングに集約する事でコストを下げています。私は一人で何人分もの役目を果たす経験をしているため、大手会社のために集団で形をつけるような必要もありません。一人でカバーできる範囲が広い事もコストを下げられる理由の一つとなっています。

メールコンサルティングに向いている企業

メールコンサルティングを受けるのに向いている企業というものがあります。下記に該当する場合には無料会員プランを体験される事をお勧めいたします。無料会員プランでは当方の実際に行うアドバイス(定期巡回と言います)を受ける事が出来ます。当方が確認するページは限定されるもののご契約後に行われるアドバイスをほぼそのまま無料で体験可能です。

  • 広報担当者の経験が少ない
  • 広報関連のノウハウの一部が不足している
  • Webまわりの最新情報に疎い
  • 人を雇う予算まではないが本当は広報に詳しい人材が欲しい
  • 戦略を考える人材がいつも同じで新鮮な意見がでてこない
  • そもそも人手不足

サポートプラン詳細(他プランとの比較)

※下記の比較表はクライアントが学校様の場合のものであり、一般企業向けではメールマガジンはご希望の場合にのみお送りさせて頂きます(話題が学校向けの者が多いため)。

サポートプランはシンプルに2つの有料プランと無料会員プランで構成されています(メインである教育機関向けと同様です)。

「予算ありきのコンサルプラン」の詳細はこちら(学校向けのページですが一般企業も同様です)。月額3万円(税別)以上を最低料金としていますが、3万円(税別)の場合には定期巡回は週1、自由質問権利は月1となります(予算ありきのコンサルプランでは自由質問権利の減少幅が大きくなります)。

サービス比較20190101~

*1・・・夏季・年末年始期間につきましては別途定期巡回の休止期間を設定させて頂きます。定期巡回の結果お伝えする事がなければ定期巡回メールは送りません。平均して週2~4通程度(3通以上がほぼ)お送りしています。また、アドバイスへの改善アクションを起こす時間的余裕を作るためにあえて週に1日は最低でもメールを送らないようにしています。

*2・・・気まぐれサポートは通常のサポート範囲ではできない契約範囲外の有料サポート等を気まぐれにて行うものです。気まぐれのためその時々によって実施するかはわかりませんが、実施の場合、追加料金は頂きません。通常有料で行っているサポートを気まぐれサポートで行う事もあります。但し、ご担当者から状況の連絡をまめに頂いていないと必要なものが見えないため発動しにくくなります。

※その他・・・料金が変わる場合の例として、同じドメイン内に複数の運営サイトが共存している場合には料金が変わります。ドメイン単位での契約となりますが、同じドメイン内でも一つ以上の運営サイトがあり、それらも含めてのチェックをご要望の場合には料金が変わります。

定期巡回とは?

サポートのメインとなる定期巡回では以下の事を一例として行っています。但し、皆さんが想像されるよりもかなり幅広いアドバイスを行っています。下記アドバイスで様々に効果を上げています。

  • サイト内情報の正確性の確認(重要情報などの誤記を発見)
  • 更新状況の確認(古い情報がある場合には更新するよう促します)
  • SEO(検索エンジン最適化)に関するアドバイス
  • コンテンツの内容に関するアドバイス
  • 問題点と改善案のご提案
  • 売上アップのためのアドバイス
  • 企画のご提案

当方が定期巡回時に気づいた問題点・改善点のご指摘をはじめとした多種多様なメール内容となっています。定期巡回をした場合でもお伝えする事がない場合にはメール送信はございません(改善アクションが少ない場合にはそれを促すために新規のアドバイスをあえて少なくする事があります)。

自由質問権利について

プランにより自由に質問できる権利の回数が決まっておりますが、こちらは丸投げ質問につきましては一切回答をしておりません。広報担当者の人材育成を兼ねていますので、質問される場合には必ずご自身の考えを書いて頂く事にしております(この事を前提としているためにこの割安料金でご提供しております)。また、基本サポートプランでは月間25回までの自由質問権利がありますが、1日1メール1質問までとなりますのでご了承下さい(対象となるのは一問一答レベルの質問となります)。一度に大量の自由質問がありますと他のクライアントへの影響が出てしまいますのでこの点ご理解下さい。自由質問権利をその他サポートに変換する事が可能ですが最大月に1回までです。詳細はお問い合わせください。

何らかの資料チェックを希望される場合には1質問で2ページまで確認いたします。1日1メール1質問までという制限がありますが、例外として3ページ以上の資料チェックを希望される場合には3ページ目以降を1ページ1質問に充当する事でチェックさせて頂きます。

また、曖昧な質問も受け付けません。例えば資料を提示し「これをどう思いますか?」と書いているだけのようなものはNGです。ご担当者が何を聞きたいのかの目的が明確ではないためです。必ずご自身の考えはお伝え頂きます。

オリジナル追加テキストについて

一般企業向けのテキストは誠に恐れ入りますが用意しておりません。

★2019年以降はほぼ新規テキストは制作しておりません。

ミーティングについて

当方のサポートは高額になりがちなコンサルティング料金をミーティングをなしにする事によって極めて安い料金でサポート可能にしています。そのため通常のコンサルタントにあるような定期のミーティングなどは実施していませんが、定期巡回メールでミーティング以上に細かいアドバイスを行っておりますので開業以来この点が問題になった事は一度もございません。

基本サポートプランのクライアント様につきましては当方居住駅までお越し頂ければ毎月2時間までミーティングを無料で受け付けしております(現在はコロナウイルスの関係で受付休止中です)。

サポートエリア・対象

  • サポートエリア:日本全国対応しています(メールサポートでは契約前も含めて原則訪問はございません)。
  • 対象:一般企業(金融関係、その他特殊な一部業種は受け付けておりません。Webサイトに依存する割合が大きい一般業種はたいていは対応可能です。この点はお問い合わせ下さい)。但し、クライアント数の関係で当方の余力がない場合には受付を休止する事もあります。

お支払方法・期日・契約期間

  • お支払方法:銀行振り込み。
  • お支払期限:通常は月末締め、次月末振込(支払いベースが異なる場合にはご相談下さい)。
  • 契約期間:月単位でのサポートとなり、解約のご連絡がない場合には次月が自動更新となります。月末日23:59までにメールで解約の旨をお送り頂ければ解約となります(例:3月いっぱいで解約したい場合には3月31日の23:59までにメールで解約の旨をお送り頂ければ解約手続き完了です。解約等で煩わせる事は全くありません。但し月途中で解約されましても日割減額等は行っておりません)。

※ご請求は郵送ではなく一律PDFメールでお送りさせて頂きます。

お申込み・お問合せ

お問合せ等はお気軽にこちらよりお問合せ下さい。メールサポートを体験ご希望の場合には無料会員プランの詳細をご覧の上お申し込み下さい(本ページは学生募集特化の内容になっておりますが一般企業でも問題ありません。但し毎月限定数を超えた場合に加え一部お引き受け不可能な業種はお断りさせて頂く事もあります)。

無料でコンサルタントを試せます!(毎月限定)

実績豊富なコンサルタントによるメールコンサルティングを最大3回無料で体験可能!
もちろん会員体験後のしつこい営業は一切ありません!
メールコンサルティングでも変化を実感できるでしょう。