学生募集の羅針盤チャンネル

■学生募集最新事情■

昨今の学生募集は少子化のため極めて難しい時代になってきました。それに加えてコロナ禍による志願者数の大幅減少は中下位校だけでなくブランド校にも多大な影響を及ぼしています。このような状況下で学生募集を成功させるには「入りたい学校」としての位置づけを強固にする必要があります。学生を集めるという考えではなく、学生から入りたいと思わせる学校にするにはどう学校が変わっていけば良いか?そのための改善アクションを起こす事が今最も求められる施策と言えるでしょう。

広報予算などが少ない学校であればやれる事は限られると思うかもしれませんが、低予算でもできる事はたくさんあるものです。それぞれの学校によってやるべき事は変わってきます。今の貴校に必要な学生募集戦略はどのようなものであるか?と今置かれている問題点と合わせて考える事をお勧めいたします。

■学生募集マーケティングのポイント■

  • 学生募集戦略を計画する時は学校の特殊性を意識しないといけません。学校の対象年齢によってアピールする対象者が変わってくるため、それを強く意識して戦略を練る必要があります。
  • 専門学校などの少子化に弱い学校においては特に広報戦略は重要です。今までやってきた広報の常識が通用しない時代になっています。中下位のブランド力が弱い学校は「選ばれる理由」を明確に生み出し伝えなくてはいけません。
  • 少子化が進む事でどの学校が募集停止となってもおかしくない状況です。どの学校も生き残りのために必死になっています。過去の募集の成功例などは今ではもう役に立ちません。謙虚な気持ちになって今の時代にあった募集戦略を考える必要があります。
  • 学校広報は誰にでもできるものではありません。資質というものがとても重要になります。広報は学校経営の根幹に大きく影響する重要なものですので、学校を託せると思える人材に担ってもらう必要があります。
  • 学校内にいる教職員だけでは既に学校を立て直すアイデアが出てこない可能性もあります。上下関係などもあり、本来は意見がある方も言い出せないというケースもあります。そういう時に学校コンサルタントなどの第三者の協力を得る事は学校にとってマイナスにはなりません。今はどの学校にもそういう選択肢があるとお考え下さい。
  • 学生募集を成功させるためには他校の成功事例はそれほど役に立ちません。重要なのは貴校の状況にマッチした募集戦略を立てる事であり他校のやった事をなぞる事ではありません。これを考え付くかどうかが学校の将来にとっての分かれ道となるでしょう。オリジナルの募集戦略こそ今の貴校にとって意味を持つのです。
  • 今はSNSなどを含めた様々な種類の広報媒体が存在します。しかし、それを「使う」のと「活用できる」のでは全く意味が違います。多くの学校はここを勘違いしむやみやたらと手を広げています。何をどう使うかが重要です。

■学生募集改善ノウハウを多数掲載!■

当サイトでは学生募集改善に有用なノウハウやサポートを多数提供しています。また各種教育機関にて多くの結果を出してきた学校コンサルタント(学生募集アドバイザー亀田泰史)によるきめ細かいサポートへのご依頼も受付中です!コンサルタントには珍しい無料で当方のコンサルティングのお試しができる無料会員プランを用意しています。一切のしつこい営業を行いませんのでお気軽にお申し込み下さい(月間最大3校様まで)。

当サイトに書かれている内容は主に大学、短期大学、専門学校を対象としております(小中高でも活用可能です)。学生募集関連のブログでは最大級の記事数を誇ります。学校によって対応策が変わるため、ベースとなる考え方のご紹介がメインとなります。

最新の学生募集に役立つブログ記事はこちら

無料でコンサルタントを試せます!(毎月限定)

実績豊富なコンサルタントによるメールコンサルティングを最大3回無料で体験可能!
もちろん会員体験後のしつこい営業は一切ありません!
メールコンサルティングでも変化を実感できるでしょう。
MENU
PAGE TOP